車を売る前にやると損してしまうこと。

タイヤ交換にバッテリー交換等、車の消耗品に関して新規交換などの経験は誰しもがあることかと思います。

当然のことですが、タイヤでもバッテリーでも新品ほうが査定してもらう上では好ましいというのは皆さんも分かるかと思います。

 

がしかし、

これから買取業者に車を買取してもらうという時に、タイヤやバッテリーといった消耗関係の部品を交換してから売ったほうがいいのか?

というと実はそれは間違いなのです!

 

どうしてかと言うと、消耗関係の部品交換は買取金額にはあまり影響を及ぼすものではなく、査定担当者はむしろそれが標準だよね!くらいの印象を受けるからです。

 

査定額に悪影響を与えるとすれば、タイヤのワイヤーが見えてしまっているとか、エンジンが始動できないほどバッテリーが弱ってたりすると価格の減マイナスにつながるんですが、

仮にタイヤの新商品が売り出されたからといって、その新商品に交換したからといって査定額アップになるということはないんです。

 

実はこのケース、以前僕が実際にやってしまったケースなんですが、業者の人にはプラス査定になることはないので、次回車を売る際はやらないほうがいいですね!と言われたことなんです。

 

要するに、タイヤもバッテリーもそうですが、車の消耗品関係に至っては、車を売ると決断してからは交換する必要性は全くないということ。

言うまでもないかもしれませんが、使用歴の長いタイヤやバッテリーよりも比較的新しいタイヤやバッテリーの中古車のほうが、その査定金額も高くなる傾向にあるようですが、

その交換に関して皆さんが支払う費用ほど買取金額が高くなることは残念ながらなく、やった分だけ損して勿体ないということなんです。

損しないためには大切な車の消耗品関係の交換について説明させて頂きましたが、これから車を売却するところだという方は、くれぐれも無駄に損してしまうことのないように、車の消耗部品関係については交換などせずに査定してもらうようにしてくださいね。